始まりましたねVer.3.3。
新スキル、武器、ストーリー等様々な新要素が実装されましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私はストーリーを追うのが大好きな人なので今のところこれしかやってません。

というわけで、今回はストーリーのラスボスに挑むにあたって四苦八苦したお話をお届けします。

※ご注意ください※
以下、ネタバレが割と多めにあります。
























パチャティカ「俺やで。」



全てはこいつに勝つため始まりました。
というかこいつ誰だか未だによくわかってないんですけど、どなたかわかりやすく解説してもらえませんか( ºωº )!





鳥山先生っぽさが出てるロボットで躓きましたが、それ以外は割とスムーズに進めてきたティティ。




いかにも今回のラスボスです風なボスも倒し、そろそろいつものトゥービーコンティニュー先生が出てくるかな、なんて思いながら進めているとヤツが現れたんですね・・・。













パチャティカ「俺やで。」
(このくだり気に入ったので2回目



戦った人ならおわかりかと思いますが、最近の流行り?のザコとわっちゃわっちゃする戦闘なわけです。
ザコといっても1体1体が割と強いので苦戦必須。
まあ何回かやればそのうちクリア出来るだろう、と気楽に構えていたティティでしが・・・


なかなか勝てません。



ググってみると賢者火力火力僧侶で押し切るといいとか、賢者旅芸人戦士僧侶でバランスよく~なんて見かけたんですけどね、



ティティ「いや俺賢者とか魔法できねぇし。」




てなことでなんとか物理構成で倒せないものか、と考えておりました。

  • 比較的生き残りやすい職は何か
  • 火力もある程度期待できる職は何か
  • 個体へ集中攻撃、全体へ範囲攻撃を状況によって使い分けられる職は何か

これらを全て兼ね備えた職は何か、自分が今所持している武器防具で対応可能か、リゼロッタみたいな女の子いたら紹介してほしいのだがどうしたらいいのか、等々考えまして最終的に行き着いたanswerが・・・







武闘家でした。

ツメの弱体化と共に火力の第1線から退いて久しい武闘家ですが、宝珠やベルトを駆使する事で火力アップを図ることが出来、元々持っていた壊れ性能の必殺技「一喝」は未だに健在!
武闘家もやればできるに違いない!


  • 棍装備、水流のかまえを使えば回避だけでなくカウンター攻撃も期待ができる
  • 棍の新スキル「断空なぎはらい」×スーパーハイテンションの破壊力に期待できる
  • 氷結らんげき宝珠+戦神ベルト(棍装備時氷攻撃+13%)+新スキルポイント(今回は170に設定、氷結らんげきの威力+4%)により個体への攻撃力も期待できる
  • 一喝宝珠により必殺技がチャージされやすく、戦闘中ピンチに陥っても形勢逆転が狙える


これらの理由から今回は武闘家で挑む事に決めました。
装備は元々持っていたアポカリプス+黄龍セットで何とかなりそうなのでこれでOK。
そして今バージョンアップの目玉の一つでもある新武器スキルも習得!
今回は断空なぎはらいを180にセットしました。
170は前述の通り氷結らんげき、160は無難に攻撃力アップだったような気がします。
今思えば戦闘中に打つ回数が圧倒的に多い氷結らんげきを180に持ってくるべきだったかもしれませんね( ºωº )

これで宝珠、ベルト、新スキルが整いました。

あとはそう・・・












ドレスアップです!

今回挑むのは最新ストーリーのラスボス、つまり運営さんが一つの区切りとして実装してきたボスなわけで生半可な覚悟では勝つことは出来ません。

ドレスアップで武闘家っぽさを追求、かつスタイリッシュにきめ、実際の戦闘面でのスキル調整と組み合わせる。

つまり、「真の武闘家」としてこの一戦に挑まなければいけないのです。

というわけで、私の考えた真の武闘家っぽいドレスアップをご覧下さい・・・



3





2






1








これだっ!!


ドンッ!!

かっこいいでしょう?
うんうん、そうですかー。
かっこいいのも当然ですよ、私が考えたんですからね。




構想中に撮影したものなので身体上下の色が異なりますが、使用している装備品はこちらになります。
総額で50万程でしょうか。
新しい武器を買うために無駄な支出は控えたいところでしたが、真の武闘家になるためであればやむを得ません。
眼帯とネコ耳は趣味です。




ほら、かっこいい。
暗くて装備がよく見えないとかそんな批判は聞こえません。
隣の派手なウェディに目がいってしまうとかそんな批判も聞こえません。



さて、舞台は整いました。
あとは私が最高のショーをお見せするのみ。

いざっ!再戦です!!















































勝ちました。




結果的にバトマスで。
武闘家について触れてないということは、つまりそういうことです。






かえん斬りまじつええ。





おまけ